旅行や日常生活でも便利に活用できるレンタカー

好みの車で走ってみよう!

安心も充実

マイカーを持つと、車検代がかかり金銭的負担も大変です。その点、レンタカーは好きな時に乗ることができるので、コスト削減が可能でしょう。
とは言っても、レンタカーを利用するなら安心できる補償がついていないと乗れません。
万が一、レンタカー店側の整備不良で重大な事故を引き起こしてしまった場合、過失が自身でなくても修理代を支払う可能性が出てきます。
今は自動車も、保険加入が普通なので利用者に車をレンタルするサービスを主に行なうのであれば当然入っているでしょう。
ただ、事故によって適用される内容は違いますのでしっかりとレンタカー店の説明を聞いておきましょう。
車は大変便利な乗り物ですし多くの台数が行き来しています。いつどこでトラブルに発展するかわかりません。もしかしたら人身事故を引き起こす可能性もあります。
旅行は、普段運転しない道を走行するので各地域で違うマナーに戸惑うこともあります。それに動揺して接触事故が発生することもあるのです。
そんな時に補償がついていれば例え小さな事故でも安心なのは言うまでもありません。
また、事故になれば返却時間も大分遅れますので延滞料金が安くなるかも確認しておくとより安心できるでしょう。

レンタカーに設定されている補償は、標準コースと免責補償に分けることができます。
標準コースは、一名につき無制限で、対物も同じです。
車両を傷つけた場合は、最高で約5万円程の補償が付きます。小さいものなら、補償内で修理ができるでしょう。更に対人は最高で約5千万以内と大変手厚い補償内容です。
何らかの理由で事故を起こした場合対物と車両補償のみ利用者の負担が義務付けられています。しかしこれをカバーできるのが免責補償で対物と車両の事故は全て補償内で対応していきます。
2つの特徴を把握しておき、適している補償に入っていきましょう。